💡見習えフィンランド!働き方・生き方改革!転職もススメ 

フィンランド

はじめに

フィンランドといえば、幸福度が高くて住みやすい国で有名!

税金は高いけどその分、国民の満足度も最高!

「ムーミン」のイメージが強い北欧の小国フィンランド!

最近でも、国連が発表した世界幸福度ランキングでは2018、19年と2年連続で1位になりました。

『フィンランド人はなぜ午後4時に仕事が終わるのか』(ポプラ社)を書いた堀内都喜子氏は、

「フィンランド流の働き方を支えているのは、国民それぞれが健康や精神的豊かさを大切にする意識」

とみています。

働き方改革真っ最中の日本。(本当に真っ最中なのか?!)

今日はそんな日本に対して、フィンランド様を見習え!って話をしたいと思います。

日本の働き方を考えるヒント

世界最年少の34歳の女性首相が誕生したことでも分かる通り、性別に関係なく働きやすい環境が整っているフィンランド。

この本の表紙に示された指標は、

「有休消化100%、1人あたりの国内総生産(GDP)は日本の1.25倍、在宅勤務3割」

これを見ればどれだけ日本が大したことないか分かるでしょう!もっとがんばれニッポン!

堀内氏は、

「フィンランドの企業や職場には『あったらいいな』と思えるような仕組みや考えが根付いている。日本人がこれからの働き方やライフスタイルを考えるうえで、ヒントを提供できると思った」

と執筆動機を説明しています。

勤め先によっていくらかの差はありますが、午前8時に出勤して午後4時15分に退勤するというのが一般的な勤務であるフィンランド。

午後4時の退勤は、ごく当たり前の働き方であり多くのフィンランド人にとっては常識です。

でも、言ってみればこれって、結局は日本で言うと、「スライド勤務」みたいなもんです。

早く出勤して早く帰るみたいな。

だって、計算してみてくださいよ。

朝の8時から16時って、休憩入れて実質8時間労働ですよね。

あれ?日本とそんな違うのか?って思ったそこのあなた!

次からです。日本と雲泥の差が出てきますので。

それでは、まいりましょう!

「サービス残業」はあり得ない

この意識は本当に日本に叩きつけてやりたいです!

フィンランドでは、1週間に40時間までという総労働時間の決まりが厳しく守られています。

現在の平均は36時間台だそうです。

そして、このルール順守が午後4時退勤を支えているといいます。

もちろん、仕事が立て込む時期には残業になる日はあります。

でも、誰もが自分の超過勤務を把握しているので、長い時間働いた日の前後でしっかり休み、きちんと総労働時間を守っているんです。

「サービス残業?はあ?なにそれ?ださくね?」

って感じです。

そもそも働き手が自主的な判断で残業すること自体が認められていないんです。

大半の勤め先では、あらかじめ上司に許可を求める必要があります。

上司は日ごろから定時までの退勤を促しており、簡単には残業申請が通りません。

日本と真逆な感じだ!!(怒)

こう見るとほんと、日本ってバカで、かっこ悪い。

上司からの残業強制なんてのはもってのほか。

なので、働き手が1日のうちでの手持ち仕事の優先度をきちんと決める意識が自然と根付いています。

終業の時刻が決まっているので、ちゃんと優先順位の高い仕事から片付けて、すべてが終わらなくても、4時になればみんな引き上げるんです。

日本では定時までにその日の業務があらかた片付いていても、同じチームの上司や先輩が席に着いている場合、帰りづらいムードになりがち。

私の勤務先もそう。でも、気にしたら負け。気にしたら損。自分としての人生は一度きり。

大切な家族のために一分でも早く帰る!!私は気にしないようにしてます。意地でも!

こうしたくだらない日本の無言の「圧力」が長時間勤務が減らない一因。

しかし、フィンランドでは、周りの人に関係なく、自分のペースで切り上げる人が多いんですね。

自分勝手なわけではなく、時間が来たから引き上げるというごく単純な割り切り。

ほんと、

「日本人良く聞け!!!!」

って感じです。

フィンランドではほとんどの働き手が共有している意識なので、周囲の視線を気にする必要はありません。

背景には、フィンランドならではの職場文化があります。

役職者が上に立って仕切るというよりは、割とフラットな間柄。

チームメートのような関係で、部下も上司に意見を言いやすいんです。

働き手はそれぞれが自分の責任で業務を管理して、自主的に自分の役割をきっちりこなします。

効率もすごく良いです。

オンとオフをきっちり分ける

対等の立場で意見を交わす習慣は、ビジネスのスピードアップにも一役買っています。

くだらない日本的な気遣いとか無いからあったりめーだ!

日本では複数の役職者が稟議(りんぎ)書類に押印して、承認を重ねる手順が珍しくないですが、フィンランドでは担当者の裁量権が大きいんです。

部下に任せるという仕事の進め方が浸透しているため、仕事のペースも意思決定のスピードも速いんですね。

稟議書的な物、私の勤務先でもいまだにありますが、ほんと一言で言うと、

「ウザイ」

決裁権者が居るかどうかをカレンダーでチェックして、タイミング見計らって、

決裁書持って行って・・・って。

さて、こうしたフィンランド流の働き方が広まった背景には、オンとオフをきっちり分けて考える割り切った思考があるといいます。

スポーツや学びなどやりたいことに時間を使って、自分らしく健全に生きたいというウェルビーイング意識がフィンランド人にはとても強いんです。

疲れやストレスをプライベートの時間でしっかり取り去って、仕事の時間では濃い密度で働くという切り替えがはっきりしています。

だから、職場を離れれば、基本的にメールチェックはしません。これはとても大事なこと。

私の前の勤務先は、gmailだったので、いつでもメールがチェックできるような状態でした。

それで私は病んでしまう一歩手前まで行きました。

個人事業主などはさておき、サラリーマンに関して言えば、メールは自宅では絶対見れないような体制にすべきです。

そうじゃないとオンオフが分けられず、おかしくなってしまいます。

そして、日本のこれまたくっだらない慣習?とでもいうべき、

「仕事帰りに仲間と一杯」

というアフター5の過ごし方はフィンランドではなじみが薄いもの。

フィンランド人は仕事が終われば、寄り道はせず職場からまっすぐ家に帰ります。

午後5時ごろに帰宅して、夕食は家族と食べるのが一般的な夕方の過ごし方。

かといって、フィンランド人が時間を持て余しているわけではありません。

子供の習い事につきあったり、趣味の集まりに顔を出したり。

スポーツや勉強、読書、散歩などで寝る前の時間を過ごす人も少なくありません。

週に3日はスポーツを楽しんでいるという統計もあります。

まあなんといっても、フィンランドは、森や湖といった自然と触れやすい環境にも恵まれていますからね。魅力は山のようにあるので。その点は羨ましいです。

そして、生涯学習に熱心なのも、フィンランド人の傾向。

公的な支援を受けたカルチャーセンター的な学びの場があちこちにあり、公的補助のおかげで料金も割安。

大学も幅広い世代に門戸を開いています。

将来の転職を見据えて、新たな資格や知見を得ようと働きながら学ぶ人もたくさんいます。

日本では転職前の職場で培ったスキルや知見を生かして、似たような業界・職種に移ろうと試みるケースが一般的ですが、

フィンランドでは、あえて全然別の分野にチャレンジする人もかなりいるんです。

働きながらの学びはその準備に役立っています。

言ってみれば、オフの時間で自主的に学んだ知識で次の転職先を探す、みたいな感じかもしれません。素晴らしいことです。

休み時間にロックアウト

フィンランドでは、時間で区切ってスイッチを切り替えるような行動パターンは幼い頃から身についています。

たとえば、フィンランドでは小学校の休み時間になると、なんと教室に鍵をかけてしまいます。

生徒全員を教室の外に追い出してしまうのです。

休み時間は外の空気を吸うものという考え方を、「教室からのロックアウト」という形で明確に示しています。

ドライに割り切るのがフィンランド人は上手で、時刻に沿っての行動は子供のころからこうして自然になじんでいるんですね。

「終わったら早く帰る」というルールは学校の段階からすでに定着しているので、授業が終わればまっすぐ帰ります。

地方の中高生はバス通学も多く、そもそもバスの時刻を過ぎれば帰宅の手立てがなくなりますからね。

フィンランド、ますます行ってみたい。

そして、「休まないと働けない」という意識はフィンランド社会で共有されています。

首相も年に4週間は休みます。

なによりも休むことへの罪悪感を持っていないのが素晴らしい。日本人が絶対に勝てないところ。本当に見習うべき。

休むことへ罪悪感を持たないで心から休むことによって、次につながります。

もちろん、互いに気兼ねなく休めるよう、自分の不在時にカバーしてくれるパートナー・同僚の存在を普段からはっきり意識しています。

交代でカバーするからには、代理者に権限も委ねることもしっかりやります。

一人で仕事を抱え込まず、チーム・同僚とカバーし合うことは、業務のサステナブル化にも役立ちます。

業務を特定個人に固定しない仕組みはしなやかなビジネス組織づくりにつながります。

フィンランドの人口は約550万人で、兵庫県と近いです。それでもノキアをはじめとする有力企業が育ち、「マリメッコ」のようなデザインブランドも少なくありません。起業も盛んです。

人が少ないからこそ、一人ひとりの能力を高め、効率を競争力につなげる取り組みが欠かせないんですね。

では、フィンランドのやり方を日本の働き方改革に応用するには、具体的にどうしたらいいのでしょうか。

とにかく、オンオフの意識をしっかり持って、残業をやめるべきです。

くっだらない生活残業なんてもってのほか。

そして、プライベートの時間に資格や技能を新たに得る学びの時間を用意すると、転職に役立つうえ、定時で退勤する動機付けにもつながります。

おすすめ転職サイト

最後のおすすめの転職サイトをご紹介させていただきます。サラリーマンとして転職するもよし、最近人気のエンジニアとして転職するもよし、そしてフリーランスとしての転職も話題になっています。

 1.フリーランス向けの求人サイト【とりあえず登録すべき】

まずは、副業や自主的な学びで得た知識を生かして、転職を考えているあなたにお勧めしたいフリーランス向けの求人サイトからご紹介します。

手取り50万円を保証しています。

案件の7割はエンド直、元請直。業界トップクラスの親切丁寧なサポート。

さらに勉強会でスキルアップ/ITエンジニア交流イベントも多数あり。

利用者の5人に1人が1000万円以上の高単価案件を紹介されています。

さらに4人に1人がはじめてのフリーランス。

※実務経験必須、常駐型案件多め(フリーランス向けの求人)

このあたりで良いかなと。

転職エージェントもあり

あとは転職エージェントもありだと思います。

転職エージェントなら、登録して待っていれば勝手におすすめな案件を提案してもらえますからね。

「転職ってことは就職じゃん」

って思うかもですが、勤務条件は交渉できます。

勤務条件は半分リモートって感じで提案でき、年収も交渉制のもの多数。

ワークポート

新サービスも見ておこう

あと、最近ではフリーランスの独立支援サービスとかも出ています。

Midworksというサービスでして、働き方の選択肢として考えるのもありかなと。

Midworks|安心保障がついたエンジニア独立をはじめよう

 

2.一般企業向け案件

①ビズリーチ

下記のブログ

https://www.kikunoblog.com/bizreach/ でも書きましたが、非常に優秀な企業ですし、

ビズリーチ でしかない求人も多数あります。

しかも直接企業からメールがきたりするのでその点もGOOD。

ビズリーチは転職する際に登録してほしい転職サイトなので、登録していない方はぜひ登録してほしいと思っています。

② レバテックキャリア

厳選された求人IT・Web業界に特化しているからこその4,000件を超える求人登録数を誇り、レバテックだけの非公開求人数も多数。

さらに、話が通じるキャリアアドバイザー専門用語はもちろん、最新技術の話が通じます。

パーソナリティや志向性に合った求人を提案し、年収290万アップの実績があります。

③【クリーデンス】

大手・デザイナーズ・外資系企業からの求人のご紹介や、キャリアアップのご相談・面接対策まで、ファッション・人材業界出身のスタッフが、無料であなたの転職支援を行います。

④ リクナビNEXT

リクナビNEXT を利用するメリットは、業界最大級だから実現できるリクナビNEXT のみに掲載される案件の多さや、転職決定者の多さです。 またスカウト機能が充実しているため、転職活動の幅を広げられるという点も大きなポイントです。

転職決定数No1(楽天リサーチ2015年の転職調査)という実績と、常時1万件前後の求人数、更には会員登録後には逆オファーの来る「スカウト機能」の活性と、非常に安定感のある転職サービスです。

転職者のおよそ8割にリクナビNEXTの登録経験があることからも、いかに人気・信頼ともに大きな転職サービスであるかが窺えます。

かつ、サービス開始も1977年からと、長年の実績を積み上げていることもあり、転職者側、企業側からも高い信頼・評判を得ています。

リクナビNEXTは利用者の年齢分布も幅広く、20代半ばから50代までの男女がリクナビNEXTを活用しており、若手転職者への求人はもちろんのこと、40代以降の求人情報も多くあるということで、ミドル層の転職活動者からも人気です。

サイトに登録したレジュメ情報をもとに、興味を持った企業や転職エージェントからのオファーが届くリクナビNEXTの「スカウト機能」も人気のポイントです。

特定の転職エージェントやキャリアアドバイザーのサポートを受けつつ「自分でも転職に向けての情報収集やアクションを行いたい」という方や、「まずはリクナビNEXTに登録して、併せて転職エージェントからのオファーも受けたい」という方にもおすすめです。

⑤マイナビジョブ20’s

【 マイナビジョブ20’sの強み】

1.内定まで徹底サポート

マイナビジョブ20’sでは、一人一人の求職者に対して選任のキャリアアドバイザーが担当としてつきます。 キャリアカウンセリングにより求職者の疑問・悩みを細かにヒアリングし、 各求職者の適性・希望を深く理解した上で、最適な求人を紹介しております。

一般的な情報サイトには掲載されていない非公開求人も多数取り扱っております。

また、適性診断による自己分析や、選考通過率をアップさせるための書類添削・面接対策を行い、求職者が志望する企業に入社できるまで徹底的にサポートします。

選考に集中できるよう、面接日程の調整といった企業とのやり取りも全て代行しています。

さらに、内定後の条件交渉もキャリアアドバイザーが行い、希望の条件で入社できるようにサポートします。

2.転職経験を持つキャリアアドバイザー

マイナビジョブ20’sでは、転職経験を持つ20代の転職市場を熟知したキャリアアドバイザーによりキャリアカウンセリングが行われます。

転職経験を持つからこそ、同じ目線からのリアルなアドバイスを行うことができます。

20代の転職を熟知しているキャリアアドバイザーにいつでも悩みや疑問を聞くことができます。

3.東京・関西・東海地方の転職に強い

マイナビジョブ20’sは、東京・大阪・名古屋にそれぞれ拠点を持っています。 関東地方はもちろん、関西地域や東海地域の転職にも強く、U・Iターン転職にも対応しています。

悩む暇があったら悩むよりまずは行動!登録だけでも人生動き出しますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です